ブレインスリープピローはへたる?

ブレインスリープピローは、寝つきが悪く朝まで熟睡できない、くしゃみや鼻水が出て困っている方におすすめの快眠枕です。

 

ブレインスリープピロー へたる
芸能人にも注目されていて、発売当初は売り切れで購入できないほどの人気商品でした。

 

そんなブレインスリープピローを購入した人の感想では、

 

「すぐへたってしまう」

 

との噂があります。

 

ブレインスリープピローの価格は、3万円以上するのにそんな買ってすぐへたってしまうと困ってしまいますよね。

 

そこでここでは、ブレインスリープピローはへたってしまうのか?耐久性や構造に調査してみました。

 

最後にへたってしまった時の対処方法について解説しています。

 

購入前の参考にしていただけたら幸いです。

 

ブレインスリープピローの耐久性は?

ブレインスリープピローに使われている素材は特殊な素材で作れています。

 

一般的な枕に使用されている素材のウレタン素材やフェザー素材などと比べて耐久性が高く、耐久性試験ではフェザー素材が42.8%もへたってしまったのに対して、ブレインスリープピローは4.7%ほどしかへたっていませんでした。

 

 

耐久性実験の結果グラフ↓
ブレインスリープピロー へたる

 

約10倍近くの差があります。

 

フェザー素材と比べるとウレタン素材の方が耐久性が高いのが分かりますが、ブレインスリープピローの素材はそれすらも上回っていますよね。

 

ブレインスリープピローは、オーダーメイドのようのフィット感でありながら長い期間使うことができるため、コスパを考えてみてもけっして高い買い物ではないことが分かりますよね。

 

自分の頭にフィットする構造

ブレインスリープピローの耐久性が高いことが分かりましたが、「ただ単に素材が硬いので耐久年数があるんじゃないの?」って思ってしまいますよね。

 

そこで、ブレインスリープピローの構造についてまとめてみました。

 

ブレインスリープピローは「アジャスト層」、「サポート層」、「ベース層」という三層構造になっており、使っているうちに自分の頭にフィットするような仕組みになっています。

 

 

ブレインスリープピロー へたる

 

枕が頭にフィットすると気道が確保しやすくなるため、いびきをかきにくくなるメリットもあります

 

また、ブレインスリープピローは場所によって高さが異なっています。

 

ブレインスリープピロー へたる

 

中央から外側に向かって固くなるグラデーション構造になっているため、とても寝返りが打ちやすくなっています。

 

睡眠中に適度に寝返りをうつと、身体にかかる負担が軽減されて睡眠の質が高まります。

 

合わなくなった?へたり?を感じた時の対処方法

ブレインスリープピローは三層構造になっていて、使っているうちに自分の頭にフィットするような仕組みになっています。

 

耐久性の結果では、ウレタン素材やフェザー素材などと比べて非常に耐久性が高くなっていますが、それでも使っているうちにへたりを感じることもあります。

 

そんなときの対処方法をTwitterで検索するとこんな書き込みがありました↓

 

 

 

とのことです。

 

ブレインスリープピローのへたりや合わなくなってきたと感じた方は一度試してみる価値がありそうです。

 

まとめ

ブレインスリープピローのへたりについてご紹介しました。
実際調査してみると、

  • ブレインスリープピローは耐久年数が長い
  • 自分の頭にフィットする
  • 寝返りが打ちやすい構造になっている

 

ブレインスリープピローは、特種素材で独自の3層構造と7つのグラデーション構造で作られている枕でした。
へたって困るどころか、どんな体にも、どんな寝姿勢にもしっかりフィットするように作れています。

 

 

ブレインスリープピローは、いつでもどこでも眠れる方にはおすすめできませんが、「朝起きても疲れが取れない」、「寝ていも日中眠たくて仕方がない」と睡眠に困っている方にブレインスリープピローはおすすめです。